清流千歳川

町の中心部を流れる、清流千歳川

この日は、女の方がフライフィッシング

練習をしていました。

みんなの憩いの場です。

 

f:id:kadm:20180222074444j:plain

私の町の小さな神社

みなさん、こんばんわ。

はなです。

今日は、私の町の小さな神社を紹介させてください。

ごく普通の神社なのですが・・・。

f:id:kadm:20180221205036j:plain

参道です。

この神社、町はずれの小高い丘の上にあるのですが

1803年建立、江戸時代。やっぱり北海道の神社は

新しいのかもしれませんね。

ここから箇条書きにして紹介させてもらって

いいでしょうか?

  • 12組の石神さま

この神社の中には、30㎝四方くらいの石仏が12体

境内のあちこちに、隠れていてそれを探してみましょうという

神社側のおすすめなのです。

前は、一体見つけるごとにスタンプを押せる、

スタンプラリーをしていたようです。

見つけましたー!

f:id:kadm:20180221204547j:plain

参道の横にいました。

雪が積もっているので、探しづらいですね。

雪をはらって、また見つけました。

f:id:kadm:20180221204928j:plain

どの石神さまも、穏やかな顔をしています。

去年の夏に私は、12組全部見つけました。


  • フレトヒのチャシ跡

みなさんは、「 チャシ 」って知ってますか?

アイヌの砦ですね。そのチャシがこの神社建立の

前にここにあったようです。

f:id:kadm:20180221205638j:plain

社殿に向かって右側の千歳川に面した方に

石碑がありました。

上から千歳川が一望でき、チャシに最適の

立地条件です。

きっと、昔アイヌはここから漁場を見張って

いたのでしょう。


  • この神社、前身は稲荷神社

狛犬ではなく、きつねさんがいます。

f:id:kadm:20180221210430j:plain

一生懸命、子育てしているようですねー。

ガンバレー!


  • 神社の周りは野鳥の森

この神社は、近くの公園に続いていて

コゲラアカゲラシジュウカラヤマガラなど

いろいろな野鳥がたくさんいます。


とまれ〜♬ とまれ〜♬

f:id:kadm:20180221211422j:plain

あっ!

「 お控えなすって 」 一宿一飯の恩義とうに忘れました。

f:id:kadm:20180219144052j:plain

いいのよ、いいのよ。

私も好きでやってることだからさ。

気にしないで。

と、言いつつ今日のこの子達

なんか様子が変!

写真には、写ってないけど、一度に

7、8匹集まって来ちゃった。

側に寄って来るのはいいけど、鳴く、跳ぶ、走る、ケンカする。

なーんか、殺気立ってる。よっぽど空腹なんだ。

木の上からのぞく子。

f:id:kadm:20180219144803j:plain

クルミを出したら、いっせいに来る。

そんなに持って来てないんだ、どうしよう?

この子、いやに耳が立ってる。

いわゆる、興奮状態?

f:id:kadm:20180219145202j:plain

どんっ!

「 イターー 」

「 もう!何すんのよーー 💢 」

f:id:kadm:20180219145617j:plain

いきなり、飛びつかれる。

やっぱり、親しき仲に礼儀はなかった。

最後の1匹には、クルミの催促で指噛まれた。

甘噛みだから良かったけど・・・。

f:id:kadm:20180219150142j:plain

そんな可愛いい顔してもダメだからねー👅

もう、来ない。



でも、しかし・・・。

今日、会社が休みなのをいいことに

また行ってしまいました。

f:id:kadm:20180219150702j:plain


また、来てねー!

ホーレン草畑

f:id:kadm:20180217192353j:plain

みなさん、こんばんわ。

近郊の農家のホーレン草畑です。

去年の秋に撮ったものです。



これだけのホーレン草、ポパイが食べたら・・・。

きっとオリーブは大喜び!

ポパーイ!助けてー!」

ポパイ、プルートからオリーブを救い出し

めでたし、めでたし。

そう言えば、私の中学校の時のあだ名が

オリーブ、だったんだ

なんでだろう?



今年の冬は野菜が高かったですねー!

天候不順のせいなのかな?

ゲリラ豪雨爆弾低気圧、聞いた事もない言葉ばっかり増えて

空のご機嫌、だいぶ悪そうです。

それって、きっと私達のせい?

真っ赤な川と湿原 ( バクテリアが水を赤くする )

みなさん、こんばんわ。

私は、ウトナイ湖サンクチュアリに、よく行くのですが

去年何故か赤い川を発見。

何故赤いのでしょう?

 

f:id:kadm:20180215214742j:plain

 

この川は、「 オタルマップ川 」といいます。

( 何故か北海道の地名は、アイヌ語由来が多くて 大 好きです。)

川の上流部にあたる、勇払原野には鉄柵菌と呼ばれるバクテリア

住んでいます。

鉄柵菌は水中の鉄分から、エネルギーを作り出すのですが

その過程で、副産物として赤茶色の酸化した、鉄の塊を作ります。

この酸化鉄の塊は水に溶けないので、川の底や辺りの草や土に

付着し川全体が赤くなるのです。

 

                                ウトナイ湖サンクチュアリにて    2017 .11

 

春になったらカヌーを漕いで

みなさん、こんにちは。
今日はバレンタインデー、どのくらいのチョコレートが
やりとりされるのでしょうか?
私も今日はチョコ持参で会社に行きます 笑。

また余談になってしまいました 。

f:id:kadm:20180214075006j:plain
カヌー、折り紙で作ってしまいました。
そう、春になったら勇払原野を流れる美々川( ビビがわ )を
カヌーで漕いで行こうと決めたからです。
この美々川、勇払原野を蛇行しながら流れているのですが
外側からは、なかなか川の流れが見えないのです。
アプローチが、難しいんですね。
道路からは、枯れた葦が密生しているので余計に
見えないんです。

暖かくなったら、のんびりカヌーでこの美々川を下って
行きたいと思ってます。

f:id:kadm:20180214075110j:plain

競走馬の光と陰

みなさん、こんにちは。
私、馬が好きで近くの「 ノーザンホースパーク 」という
ところによく行くのですが、
そこは、観光牧場で競走馬育成のための生産牧場ではないのです。
近くの社台スタリオンステーションというところはノーザンと同系列企業の育成牧場で、ディープインパクトなどが、種牡馬として頑張っているようです。
そろそろベビーラッシュでしょうか?

このノーザンホースパーク
引退した馬、「 インティライミ 」「 ブランディス
フォゲッタブル 」などがいます。みなさんご存知でしょうか?
インティライミ 」はどこかに移りましたね 。
私も競馬にはあまり興味がないのですが、
馬にはとても魅力を感じます。
北海道という土地柄なのでしょうか?
たくさんの牧場があります。
競走馬の引退後の事については、私もいろいろ聞いています。天寿を全うできるのは、1%ほどだとか・・・。

厩舎を覗いて見ましょう
f:id:kadm:20180211154322j:plain
綺麗に掃除された厩舎です。スタッフも若い人ばかりです。
ブランディスフォゲッタブルに、会いに行きましょう。
それぞれ昔の、雄姿と並べてもいいでしょうか?
まずはブランディス
柵越しであまりうまく撮れていないのですが、
f:id:kadm:20180211154820j:plain
f:id:kadm:20180211163145j:plain
( JRA資料より )
次はフォゲッタブルフォゲッタブルって忘れられやすいの意味ですよね。
どうして アンフォゲッタブルにしてあげなかったのかなー?
f:id:kadm:20180211155355j:plain
f:id:kadm:20180211155430j:plain
JRA資料より )
競走馬は気性が激しいといわれていますが、そうは思えず、
私、柵から手を入れて鼻先を、
撫でてみました。
「 あったかーい 」
この氷点下の気候の中、馬の鼻はとても暖かかったです。
そして,今は展示馬になってしまったけど、今まで彼らが辿った道のりを
思わずにはいられません。
またこれからの道のりも・・・。
インティライミは、どこの牧場へ行ったのでしょう。
きっとお客さんに元気なところを見せているのかな?

最後に母馬と仔馬の写真です。
この写真は、
去年、日高の坂東牧場へ行った時に頂いたものです。
こんな頃が1番幸せなんでしょうね。
f:id:kadm:20180211161109j:plain
これからも、この馬たちが幸せである事を祈らずにはいられません。